こあらいおん日記

ゲストハウスこあらいおんのいろいろ

箱根のノスタルジックホステルも手伝ってます


箱根に山籠り中の高崎は現在、

 

箱根湯本と強羅の間、宮ノ下温泉郷にある
hakone hostel 1914も手伝わせてもらっています。

 

 f:id:koalion:20170212210256j:image

 お正月には目の前を箱根駅伝が通る、国道1号線の緩やかな坂にあります。

 

 

hostel 1914は
箱根湯本のゲストハウスazito(こっちも手伝わせてもらってます)のオーナーゆうたくんが、
お友達の久美さんと2人で運営しています。

 f:id:koalion:20170211151238j:image

 

その名の通り1914年産まれ、
築100年を超えるレトロな佇まいのホステル。

f:id:koalion:20170210171106j:image

 

35年ほど前までは郵便局でした。

 

久美さんの実家でもあります。

 

 

久美さんはこの家で産まれました。

 

 

お兄さん達は病院で産まれたけど、
久美さんだけは、まさに ここ で産まれたそうです。

 


建物の持つ雰囲気と、
久美さんの雰囲気がとてもマッチしています。 

 

 

白い壁に、優しいミントグリーンの柱。
チューリップ型のライトには、オレンジがかった柔らかな灯。

f:id:koalion:20170212205906j:image

 

 

その下には、
上品な白髪のショートヘアと黒い丸眼鏡、
久美さんの優しい笑顔。

 f:id:koalion:20170214020343j:image


久美さんがここにいることで、
空間が完成されたような気さえします。

 


町自体がノスタルジックな宮ノ下には、
多くのアンティークショップが集まっていて、

 

この建物も永くアンティークショップに貸し出していたそうですが、
昨年ホステルとしてオープンしました。

 f:id:koalion:20170211151223j:image

 

かつてヨーロッパやアメリカの田舎を旅していた久美さん。

 

 

当時はネットやガイドブックもなく、
現地の観光案内所を頼りにホステルを決め、
ホステルのスタッフに

 

ここは絶対行った方がいいよ!
これは絶対食べた方がいいよ!

 

なんて暖かく迎えられて。

 

 

この久美さんの大切な場所で、
同じようにゲストを暖かく迎えることにしたそうです。

 f:id:koalion:20170212203025j:image

 

同時にそれは、

 

この建物を守る手段でもありました。

 

 

ひとがいない家は廃れてしまう。

 

だから、

家にひとがたくさん来るように、と。

 

 

 


久美さんが建物のことを話す言葉の端々に、
本当にここを『愛している』という気持ちが感じられます。

 

 

上手く言えないんですが、
それにすごく心が震える感覚です。

 

 

「ほっこり」よりもっと深く、
とても心が満たされる空間です。

f:id:koalion:20170211151331j:image 

 

 

街がすきだから。

 

家がすきだから。

 

人を迎えるのがすきだから。

 

 


ゲストハウスやホステルを始める理由は様々で、

 

みんなにものがたりがあります。

 

 

ものがたりを知ると、
みんなの だいすき が見えます。

 

 

 

 久美さんのだいすきを

 

ぜひ見にきてください。

 

f:id:koalion:20170210171208j:image

 

 

予約はbooking.comからどうぞ!

 

 

ノスタルジック気分に浸っている

貝殻モード高崎へのご連絡はこちらへ

takayuitakayui@gmail.com